本物が輝く時代への情報を発信していきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ボディートークはなぜ不思議に感じるのか??
去年からの約半年、だいたい2ヶ月に1度のペースでボディートークの説明会を行ってきました。

きっかけは元を辿っていくとこのブログを書き始めたということなのかなと思っていますが、

そのようなボディートークを説明するという体験を通し今自分が感じていることは、

ボディートークというテクニックそのものを説明することはあまり難しいことではないんじゃないか、

ということと、

ボディートークというテクニック自体が不思議なものということではないんじゃないか、ということです。

ボディートークでやろうとしていることは実際極めてシンプルです。

ボディートークの仕組みは大きく3段階

1、自然治癒の働きを阻害していると思われる情報を探す。

2、その情報の発信側と受診側を探す。

3、その情報を体へと伝える。

というシンプルな3段階によって構成されています。

実際にボディートークのホームページに掲載されている動画を観てもジョン博士はこの3段階について冒頭で語っています。

ですがそうは言ってもボディートークは何だか不思議だなと感じることも事実です。

ではなぜ不思議に感じるのかというと、

おそらくボディートークというテクニックを通し生命の神秘、叡智に触れるからだと思います。

ボディートークではこの神秘のことをインネイトウィズダムと呼んでいます、つまり内なる知恵です。

自分としてもこの生命とは一体何かという点がまだ簡単に説明できていないなーと感じています。

どうしても小難しく語ってしまいます、もちろん自分にとってもこの生命の神秘は未だに不思議であり、謎多き存在です。

そのため説明会で大きく時間を割きたいと思っていることは、実は生命とは何かの説明です。

というよりもこの生命とは何かのニュアンスを掴むことができると自然とボディートークって何かということが見えてくると思っています。

そのためボディートークに対する靄を晴らすには私たち人間を含めた生命という存在そのものの不思議に果敢にも踏み込んでいくことが必要になってきます。

とは言ってもやはりボディートークって不思議ですし、そんな生命の神秘にボディートークというテクニックで触れることのできるすばらしさを常に感じていきたいと思います。

人気ブログランキングへ
健康法カテゴリに登録しています、よろしければ応援お願いします☆
日々のノート comments(2) trackbacks(0)
ボディートークに副作用はあるの??
ボディートークに副作用はあるのか?

これはボディートークを体験してみたいという方にとって気になることの一つだと思います。

その点についてまずは結論から言ってしまうと、

ボディートークには副作用はありません。

というよりも正確に表現するとするならば副作用が起こりようがないという感じでしょうか。

・・・

というのも改めて副作用という言葉の意味を調べてみたところ、

ボディートークのテクニックにはこの副作用が起こるそもそもの原因がないからなんです。

まずは副作用とはどういう言葉なのかを現代の百科事典で確認してみたいと思います。

「副作用 (ふくさよう) とは、狭義には『医薬品の使用に伴って発現した好ましくないできごとのうち当該医薬品との因果関係が否定できないもの』を、広義には「医薬品の使用に伴って生じた治療目的に沿わない作用全般を指す。」

ー引用ー 副作用 - Wikipedia(2012年2月6日 (月) 06:25)

ということなんですね。

つまり副作用とは医薬品を使用した際に生じる治療目的とは違う作用のこと、だったんですね。

何となく分かったつもりでしたが、改めて言葉を調べてみることでどうしてボディートークに副作用がないのかすっきりしました。

というのもボディートークのテクニックの基本とするところはタッピングという頭部と胸部を軽くトントンと手でタッチするぐらいなんですね。

ボディートークでは医薬品を使用したり、投与したりといったことは行いません。

そのため副作用という言葉の意味するところをそのまま当てはめるならば、

ボディートークでは副作用は起こらない(起こりようがない)ということになります。

つづく
ボディートーク comments(0) trackbacks(0)
バランス


私たちの健康において体のバランスをとるだけではなく、

心や精神といったものとのバランスをとることも大切である、

ということはよく言われることですが、

これは体や心、精神といったものが切っても切り離せない関係にあるためです。



そして、それらの源となっているのが量子場と呼ばれる場のエネルギーです。

この場にはあらゆるエネルギーの源が存在しているのとともに、

様々な時間軸上におけるあらゆる情報が含まれていると言われています。

それは宇宙の遥か遠くに存在しているものではなく、

私たちの存在そのものとも言えるものです。

この量子場との関係が究極的には私たちの健康を作り出しています。
日々のノート comments(0) trackbacks(0)
眠りについて
みなさんは最近ぐっすり眠れているでしょうか??

自分はというと最近までかなり寝付きが悪く、そのことが多少なりともストレスになっていたように感じます。

では今はどうなのかというと、眠れないことに対するストレスや葛藤はなくなりました。

あいかわらず睡眠サイクルはずれ気味なのですが。

というのもあるテレビで見た情報が自分の中では結構新鮮な発見だったからですね、

それが何かというと「眠ろう眠ろうとすることが不眠に繋がってしまう」

ということだったんです。

なるほど!

つまり眠くもないのに無理して布団に入って眠ろう眠ろうとすることが、

結果としてそこにストレスが生じ、自分は眠りづらいという思い込みを作ってしまうと。

そのためいかに眠くなったときに寝るかということが大切なようでした、それが何時になってしまったとしても。

そのテレビを見てからは割と寝れないということに対するストレスはなくなったといいますか、

この時間に寝なければいけないという思いがなくなりました。

また確かそのテレビでは 「 寝ている時間 ÷ 布団に入っている時間 」の割合を85%前後に保つと良いといっていたと思います。

それ以下だと寝れないというストレスになってしまい、それ以上だと寝すぎになってしまうそう。

100%の状態ってなんだか良い気がしてしまいますけどね、ものすごく効率がいいような気がします。

その目的はというといかに眠っては起きて、眠っては起きてというぶつ切り状態の眠りから

質の高い熟睡状態を短い睡眠時間だったとしてもギュッと作り出すかというところにあるようです。

最近もっぱら睡眠というキーワードに興味があります。
日々のノート comments(0) trackbacks(0)
自然治癒力って何だろう?
自然治癒力、

私たち誰もが備えている、命を維持しようとする体の仕組み、

と言われるものですが、

この言葉を解体し、体や心などの言葉を補ってみると、

・・・

「自らの 然るべき 体を治し 心を癒す 力(システム)」

・・・

というふうになるのかなーとふと思いました。
日々のノート comments(0) trackbacks(0)
リラックスの効能 その2
はっ!と何かのアイディアを閃く瞬間というのがありますが、

あの瞬間というのも実は何かを一生懸命考えているときに訪れるのではなく、

リラックス状態のときに訪れると言われています。

他にも何かをど忘れしてしまったときに、

思い出そう思い出そうとしても、思い出せないことが

思い出すことを諦めてしばらくしたときにふと思い出す、というような。

・・・

私たちはいかに考えるかということを、いやというほど学校で学ぶわけですが、

逆にいかにリラックスするか、いかに考えないかといったことはなかなか習う機会がありません。

・・・

実はリラックスするということは、

ただ単に体を休めるといったことの他にも様々なメリットがあるのかもしれません。
日々のノート comments(0) trackbacks(0)
リラックスの効能
リラックスするというのは

よく言われることですが体にいいそうです。

何かと私たちは、いろんなことに想いを巡らせ

あーでもない、こうでもないと生活の中で思考をフル回転させがちです。

思考というのも一つの便利なツールなのですが、

この思考が得意としているのはあくまでも整理整頓です。

例えば思考は物事を下の画像のようなニュアンスで捉えます。



どこまでが何色で、どこからが何色で、この色の割合はどのくらいか、

さらには、この色よりもこっちの色の方が優れているという

細部を分析したり、前後の関係を付けたり、優劣を判断するのが得意です。

・・・

逆にリラックス状態における物事の捉え方はこんなニュアンスです。



細部を見るのではなく、全体性を重視します。

物事を分類するのではなく、一つの繋がり合った状態として捉えます。

そのためあまり労力が必要ありません。

・・・

どちらがいいということではないのですが、

一日の中でどちらの視点にもバランスよく立つことができると、

結果として心身にあまりストレスのかからない状態になるのではないかと感じています。
日々のノート comments(0) trackbacks(0)
情報の整理整頓
ボディートークが結局のところ何をしようとしているのかというと、

体や心に関わる情報の整理整頓なのではないかなと今ふと思いました。

私たちは日々様々な情報に囲まれて生活しています。

それらの情報を一つ一つ整理整頓していくことができればいいのですが、

知らず知らずのうちに体や心に蓄えられてしまいます。

年末に部屋の大掃除をするように、散らかっていたものが整理整頓されると何だかすっきりします。

改めて日々の生活をリフレッシュできたり、気持ちのよい空間を感じることができます。

同じように体や心も毎日ではないにしろ時折整理整頓し、リフレッシュする必要があるのだろうなーと感じます。

その整理整頓の方法はいろいろあるのだと思います、もちろんボディートークもその一つです。

部屋の片付け方やしまい方、空間の心地よいレイアウトが人それぞれ違うように、

体や心の整理整頓の方法も自分自身に合った方法をいろいろ試してみるのも一つなのかもしれません。
日々のノート comments(0) trackbacks(0)
制限の枠を取り払う
私たちは生きていく中でいろんな知識や情報を学習し、

それを生活の知恵として日々の暮らしの中に活かしていくということを行っています。

しかし、それらの知識や情報がもう一方では自分の中に様々な制限を与えているという、

両方の面があります。

・・・

例えば、

「理想とする暮らし、生き方を思い描いたとき、どんな日々を想像しますか?」

という質問があったとしたらどんな暮らしを思い描くでしょうか?

その想い描く暮らしは人ぞれぞれ様々だと思いますが、

その中で共通するのは今までの自分が経験したことや、現在抱えていることの中から生まれてくるイメージ、ということではないかと思います。

私たちは理想とする生き方を思い描くときでさえ、過去の経験であったり、現状から生まれるイメージから生き方を思い描きがちです。

しかし本当はどんなことでも想像してOK、それが実現可能なものなのかどうかは実はこの質問においては重要な要素ではありません。

イメージの中でくらい自由な想像の世界を思い描いてもいいのではないかと思います。

一人一人が自分らしさを思い出し、無限の可能性を感じながら生きることに最大限ワクワクすることができたら

世界は間違いなく一変します。

・・・先ほどの質問に付け足す必要がある言葉があるとすれば

「あなたに不可能なことなんて何もないとして、理想とする暮らし、生き方を思い描いたとき、どんな日々を想像しますか?」

なのかもしれません。


日々のノート comments(0) trackbacks(0)
心の整理整頓
最近やってみてよかったと思うのは、

今自分の中にどんな想いがあり、どんな不安があり、どんな未来を思い描き、何を実現させていきたいのか、を自問自答してみるということです。

そのやりかたはいろいろあるのだと思いますが、その一つとして自分の場合は

パソコンに向かい、例えば「いま自分がやってみたいと感じていることは?」という質問を打ち込み、

その質問に答えるように、思いつくままに言葉を打っていくというものです。

あくまでも自分の場合ですが、紙に文字を書く作業よりも、タイピングの方がスムーズに行うことができるようで、

そのためスムーズに自分の中で埋没し気味だった想いというのが現れやすくなっていると感じました。

・・・

私たちは日々、様々な情報に触れ合う中で、自分が抱いていた本質的な欲求や願望、計画を見失ってしまうことがあります。

本来はこうしたかったはずなのに、気がつくと最初の想いとは違った方向性の活動をしている、ということも自分の経験の中ではあったなーと感じます。

そのためにも毎日とはいかなくても、月に一度、半年に一度くらい、

いま自分はどんなことを感じていて、改めて自分はどんな生き方や暮らしをしていきたいと感じているのかを自問自答してみるのも、

心の整理整頓のためにはいいのかもしれません。
日々のノート comments(0) trackbacks(0)
<< | 3/12 | >>