本物が輝く時代への情報を発信していきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ボディートークの不思議 その41
私たち人間の体は、皮膚や髪、内側にある骨や筋肉、内臓といった

目で見ることのできる物質的なものたちだけで構成されているわけではない、

ということは、東洋における思想や療法の中では古くから言われています。

・・・

私たちの人体は、

水の状態のように、氷のように固い部分もあれば、水のように柔らかい部分もあり、

さらには水蒸気のような一見視覚的には認識することの難しいような非物質的なものによっても形作られ、

その各状態が密接に関わりを持ちながら日々を過ごしていると言われています。



さらに水の状態の実際問題として、どこからが氷で、どこまでが水で、どこからが水蒸気なのかは、実ははっきりとした境界線はありません。

そのようなことが私たちの人体にも言えるのではないかと感じます。

・・・

今、科学の世界においても少しずつそういった目に見ることのできないエネルギーが存在するということが証明されつつあります。

病院ではいくら検査しても原因がどういったものなのか明らかにすることができなかった症状の、

改善していく手がかりのきっかけは、もしかするとこういった人体に対する寛容な視点から生まれてくるのかもしれません。

・・・

また、そういった現実を目に見えるものだけが全てではないという視点で捉えていくということは、

これからの21世紀の社会を形作っていく上でも、とても大切な眼差しになっていくのだろうと感じます。

その中に人類が長年求め続けてきた、本来の社会の在り方や、本当の豊かさの気付きがある、のかもしれません。
ボディートーク comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://aboutbodytalk.jugem.jp/trackback/96
<< NEW | TOP | OLD>>