本物が輝く時代への情報を発信していきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
量子の不思議 その13
量子の世界、つまりミクロの世界では普段の生活の感覚からはなかなか理解できないようなことがいろいろあり、

その中の一つに量子テレポーテーションというものがあります。

・・・

これはある場所の電子の振る舞いが変化すると、離れた場所の電子もその瞬間に変化するというものです。

この法則は宇宙の端から端のようなとてつもなく離れた何万光年という単位の距離であっても適用され、一方の電子の変化に伴いもう一方の電子が瞬時に変化するようです。

・・・

本来であれば、宇宙における最も移動速度が速いのは光であり、その速さは秒速30万kmです。

しかし量子のこの法則では光の速さを超えて情報が伝わることになり、そのためテレポーテーションと呼ばれています。

この法則は現在では証明されていますが、それまではEPRパラドックスと呼ばれるパラドックスとして扱われていました。何せ光の速さを超えるというのは相対性理論ではあり得ないことですから。

・・・

この法則がもしミクロの世界だけでなく、そのミクロの世界によって構成されている人体にも適用されるのであれば、ボディートークの遠隔セッションというものがなぜ効果があるのかを説明する一つの指針になるのではないかと思います。

つづく
量子力学 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://aboutbodytalk.jugem.jp/trackback/48
<< NEW | TOP | OLD>>