本物が輝く時代への情報を発信していきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
時間の密度
さて約1ヶ月ぶりの更新です。

ブログ更新についてはこの1ヶ月かなーりのんびりしてしまいました。

ちょうど今日書いてみたいことを発見したので上手く文章化できるか分かりませんが書いてみたいと思います。

-----

今回のテーマは「時間の密度」についてです。

今回の内容もあくまでも個人の”突拍子もない思いつき”ということで認識していただければと思いますm(__)m

-----

・・・ということで、

まず時間に対する前提として、その使い方には個人差はあれど、誰しもが一日24時間を過ごしているということを以前の記事で途方も無くざっくりとですが書かせていただきました。

しかし時間に対するもう一方の視点では、

同じ一日24時間を過ごしているはずなのに、人生という長いスパンで見たときにある人はとてつもない偉業を成し遂げたり、普通では考えられないような功績を残したりします。偉業とは何か、功績とは何かについては知識不足のため一度熟考する必要はありそうですが。

・・・それにしても"なぜ"このような違いが生まれるのでしょうか??

今回の記事の内容はこの「時間の密度のようなものの違いは一体どういうことなのか」ということについてです。

そして、それをもしかすると分かりやすく図解できるかも!?ということで記事を書いていきます。

・・・内容が長くなるかもしれないので、その場合は明日以降書きます、よろしければ気長にお付き合いいただれたらと思います。

-----

ではでは、まずここに一本の線があったとします。


そしてこの線を時間だと仮定します。

・・・この線はずっと同じ長さというわけではなく、

時間を表現しているので一秒一秒絶え間なく伸びていきます。

002.gif
そして、この線の伸びるスピードは誰しもが一定です。

一秒で長くなる分は少しでも、それが1年、さらには10年も経てばそれなりの長さになるわけです。

そしてこの線の長さが人生における「経験値」というふうにも解釈できるのかと思います。

誰しもが均等に伸びていく、ということから考えていくと本来は経験値の違いは生まれないはずです。

しかし人生という長いスパンで考えてみると、やはりこの経験値には個人差がありそうです。

ではこの経験値の違いはどのような仕組みによって生まれるのでしょうか。

・・・

・・・

・・・(--;)

・・・すいません、

ここまでせっかく読んでいただいたのに申し訳ありません、

明日以降続きを書きます・・・Σ( ̄ε ̄;|||・・・


人気ブログランキングへ
日々のノート comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://aboutbodytalk.jugem.jp/trackback/124
<< NEW | TOP | OLD>>