本物が輝く時代への情報を発信していきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
26歳の新たな想い
今年も無事にお正月と誕生日を迎えることができたので、自分自身の日々の想い・・・自分の中の少しネガティブな面と少しポジティブな面を、2014年を過ごしていくにあたり正直に書いてみたいと思います。

ぼくは日々の中で当たり前と言えば当たり前かもしれないですが、気持ちが乗ってとても調子がいい日もあれば、そうではなく何だか今日はダメだな〜という日もあります。自分でもびっくりするくらいダメなときはダメで、本当に何もやる気がおきなくなってしまいます。

今から思えば子どものころにその傾向を人より強く持ってしまったのかな〜と思っていますが、当時は生きることに全くと言っていいほど希望を抱くことができず、他者、大人も友達もほとんど信頼せず分厚い壁を作り相当ネガティブ思考な少年でした(^^;;) 生きるということが子どものころの自分にとっては本当に辛く、ある種の絶望を抱え続け、そんな想いが体に影響したのか、小学校6年のときは原因不明の高熱でほとんど学校に行けずに病室のベッドで1人で過ごす時間が多かった一年でした。

そのころの自分から見ると今の自分は気持ちの面で相当救われていますが、ただやはり熱意に燃えてやる気に満ち溢れている日もあれば、なぜか葛藤と悩みを抱えて落ち込んでしまう日もあります。そうやって日々の中で少しずつ変化していく自分を感じ、昨日までの自分ではない今日の自分に驚いたり、呆れたり、嘆いたり、ほんの少し新たな可能性を感じたりしながら日々を過ごしています。

ただ一方では日々そうやって変化していく自分とともに、揺るぎない自分、変わることのない自分というものも時折強く感じます。大人になっても変わることのない、子どものころから変わらない、自分と呼ぶのもどうかと思うような深い意識の領域。

そんな意識の領域を強烈に感じた2009年秋、ぼくは再び病室のベッドの上にいましたが、高熱の中で改めて自分の人生に対し新鮮な喜び、感動、幸福とともに生まれ直したような感覚を味わいました。

その感覚を最大限に信じること、そしてその感覚に強く共鳴するものを信じて世の中に伝え、広げていくことが自分の生きる一つのテーマなのだと思っています。

これからの時代は右脳の直感的な面と、左脳の論理的な面がシンクロしたスポーツでいうところの「ゾーン」で生きることがとても大切な時代になるだろうと感じています。

ゾーンの意識を日々の生活において実践していくこと、そして恐れに基づく選択ではなく、愛に基づいた選択を増やしていくこと、その中から未来を切り開いていく様々なアイディアが生まれてくると考えています。

過去でもなく、未来でもない、「いまここ」に生かされているという感覚を強く持ち、ありのままの自分をまずは自分で肯定してあげること。

その上でお互いをより認めあえる社会作りに自分も関わっていきたいと改めて思っています。一人一人が自分の可能性を最大限に信じ、行動し、実現させることのできる社会。

そのために今年は様々な活動を接触的に展開していきます。

まだまだ至らぬ点多々ありますが、想いを共感しあえる人たちと今年はたくさん出会い、一緒に想いを実現していく何か活動ができたらと思っています。

2014年が一人一人にとっての大きな希望の一年になりますように。

---

ボディートークの「愛氣導」をぜひ体験・体感してください。
" target="_blank">ボディートーク説明会・体験会情報はこちら

Facebookでも同様の内容をシェアしています。気軽に友達申請してください。
www.facebook.com/shohei.kuramoto

札幌の平岸駅より徒歩2分
プライベートセッションルーム ReTreat ウェブサイト
retreat-bt.com
日々のノート comments(0) trackbacks(0)
本年もどうぞよろしくお願いします!
みなさま、明けましておめでとうございます。

不定期更新のこのブログをいつも読んでいただきありがとうございます!

2014年は自分自身、何か変化の年になるなと感じています。

そのために活動の想いも志も、よりエネルギッシュになっていこうと考えています。

様々な場面でみなさまとお会いできればと思っています。

みなさまの今年のさらなる飛躍とご活躍も、新春一番祈念させていただきます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。2014年 元日
日々のノート comments(0) trackbacks(0)
今年もありがとうございました!
2013年も、もう間もなく終わろうとしていますね。

今年一年も不定期更新のこのブログを読んでいただき本当にありがとうございました。

みなさんにとって今年2013年はどのような一年でしたでしょうか?


私の一年はといいますと・・・Facebookで自分のタイムラインを振り返ってみたところ、かなり怒濤の一年だったなと感じました。

今まで全く接点のなかった人たちとの新たな出会い、人生初となる海外への旅行(インドネシアのボルネオ島)、夏にはカナダでホームステイ、秋から冬にかけては講師の活動を飛躍させていくための学び。。

そして来年から本格的に始まっていくであろうボディートークの普及活動と、もう一つの革新的なヘルスケアビジネスの活動。。

来年はどんな一年になるのでしょう。今からとても楽しみです。

来年もさらに意識の加速をしていきますので、どうぞよろしくお願い致します(^^)
日々のノート comments(0) trackbacks(0)
仕事における3つの流れ・・・
仕事とは??

突き詰めると・・・

「問題解決のために奉仕する事」と解釈できるのではないかと思います。

では、この「問題解決に奉仕する事」という仕事において、お金の流れを考えたとき実は3つの流れがあると言われます。

まず1つ目が・・・
 屬金をもらってする仕事」
→これが最も仕事における一般的なイメージではないでしょうか。

そして、2つ目
◆屬金をもらわないでする仕事」
→ボランティアなどの無償の活動がそうですね。

では3つ目は何でしょう?実は・・・
「お金を払ってでもする仕事」
というものも存在しています。

???

お金を払って仕事する??あまり聞いた事がないかもしれないですね。

まずは仕事というものを「問題解決に奉仕する事」という捉え方をして、柔軟に捉えたときの仕事とはどんなものがあるでしょう?

・・・

・・・

一つには「テレビゲーム」があります。

???

テレビゲーム?どういうこと?・・・と思うかもしれないですね。

ですがテレビゲームを行うというのはまさにに該当する仕事です。

なぜならテレビゲームはお金を払ってでもゲームの世界における「問題解決のために奉仕する事」を行っているからです。

みなさんもスマートフォンに有料のゲームをダウンロードしていないでしょうか?まさにそれは、みなさんがお金を払ってでもやりたい仕事と捉える事ができます。
ゲームの中の問題を次々に解決していく、すごい集中力で・・・まさに仕事です。

・・・

このような発想で考えていくと、というのはいろいろ思いつくのではないでしょうか。

例えば・・・学力を上げたいから学習塾に通う、新たな知識を学びたいからセミナーに参加する、お腹が空いたからレストランでご飯を食べる、日常を離れ新たな世界が見たくて旅行する・・・などなど。

実はこれらは全て個人や社会に関わりなく、何かの「問題を解決するために奉仕する事」をしているのです。

・・・

では、ここからがポイントなのですが、
岡田斗司夫さんという方はこの3つの仕事において、の働き方がこれからの時代の主流になっていくと仰っています。

なぜか??

それはこれからの時代において評価というものが貨幣よりも価値があるものとなっていく可能性があり(そのことを評価経済社会と言います)、

さらには利益追求だけを求める「魂(イデア)」のない仕事というのは、ソーシャルメディアが普及し個人の「口コミ」が力を持つ時代において、次第に人々からの共感が集められなくなり、淘汰されていくと言われているからです。

マーケティングの神様、フィリップ・コトラー氏が提唱するマーケティング3.0という概念でも、これからの時代のビジネスは「社会貢献性」であると言われています。

「社会貢献性」・・・このキーワードがこれからのビジネスにおいて、非常に重要になってきます。

そのため、今ソーシャルビジネスがものすごい勢いで増えてきています。

・・・

そして岡田斗司夫さんはこうも言っています、

「近い将来、仕事は義務ではなく、権利になる」

・・・

・・・さてそんな未来はもう間近に迫ってきているのかも?しれないですね。まさにいまが時代の転換点です。

「お金を払ってでもする仕事」みなさんはどんなイメージを持つでしょうか?

---

ボディートークの「愛氣導」をぜひ体験・体感してください。
" target="_blank">ボディートーク説明会・体験会情報はこちら

Facebookでも同様の内容をシェアしています。気軽に友達申請してください。
www.facebook.com/shohei.kuramoto

札幌の平岸駅より徒歩2分
プライベートセッションルーム ReTreat ウェブサイト
retreat-bt.com
日々のノート comments(0) trackbacks(0)
これからのビジネスにおいて大切なこと・・・
これからのビジネスにおいて大切なこと・・・

それは「志」と「魂」をより強く持つ事だと感じています。一般的にはこの2つが混同されて考えられがちなのですが、ぼくの中では明確に違います。

ビジネスにおいて、それぞれを分けると以下のようになります。

魂 Idea(イデア)そもそもの想い、哲学、理念、愛、誰のために(初期衝動)

志 Vision ヴィジョン、目的、方向性、作り出したい状況、(最終目的地)

事 Strategy 戦略、戦術、目標、より具体的なスケジュールと計画性(旅のプラン)

これは「神話の法則」という物語の力を当てはめる事でもあるのですが、
漫画ワンピースで例えると・・・
ルフィがまず「海賊王にオレはなる!」というのが「魂」の部分であり、起承転結の「起」の部分になります。
次に「ワンピースを手に入れる!」というのが「志」の部分であり、「結」つまり最終目的地になります。
その上で仲間を集め、船を手に入れ、敵を倒して強くなる!というのが「事」つまり「承・転」となります。

ワンピースが物語として成り立っている最大の理由は、実は「起」と「結」が揺るがないというところに最大のポイントがあります。その上で「承」と「転」には様々な島を巡るという柔軟性を持たせている。そのためとても厚みのあるストーリーが出来上がります。

「海賊王にオレはなる!」

ルフィの立ち返る場所は常に「志」ではなく「魂」です。だからこそルフィの想いは揺るがないのです。

その視点がこれからのビジネスにおいてはとても大切です。常に「魂」の部分「何のために?誰のために?」という感性の領域である「初期衝動」を見失わない。

それがこれからの時代の鍵です。

もしも「事」→「志」→「魂」の順番で考えてしまうと、組織という命は短命に終わってしまうとも感じています。これは最新の生命科学における「命の誕生の仕組み」とも共通する捉え方です。


---

ボディートークの「愛氣導」をぜひ体験・体感してください。
" target="_blank">ボディートーク説明会・体験会情報はこちら

Facebookでも同様の内容を一足先にシェアしています。友達申請もぜひ。
www.facebook.com/shohei.kuramoto

プライベートセッションルーム ReTreat ウェブサイト
retreat-bt.com
日々のノート comments(0) trackbacks(0)
ボディートークの世界観、その先に見えるもの
先日、プロ講師認定講座の中でボディートークについてのプレゼンを行わせていただきました。

その内容を少しシェアさせていただきます。

私は2010年にボディートークと出会い、これからの時代における必要性や可能性をとても強く感じ、その後現在に至るまで施術士として活動をしてきました。

講座のタイトルは、「21世紀のヘルスケア、ボディートークの可能性」と題して、

これからの時代においていかにヘルスケア産業が重要か、そしてその中でボディートークがどのような可能性を持っているのかなどを15分の持ち時間の中で喋らせていただきました。

これから日本はさらに高齢者の方のヘルスケア、子育て家族のサポート、企業のメンタルヘルスケア、若者の生きる希望の構築といった課題を、次の時代を作っていく上での解決を目指すべきテーマとして抱えています。

ボディートークはそれらのテーマに対する身体や心の健康のためのアプローチはもちろんのこと、その方の人生をより豊かで味わい深いものとしていただくための広い意味での本質的なヘルスケアアプローチを行うことも可能です。

ボディートークの活動の理念を一言で表すならば「Quality of Life」。

つまり、人生の質をいかに高め、一人一人にとっての人生がより味わい深く意味あるものとなっていくことができるか、そのための本質的なサポートを行わせていただく、そこにつきます。

改めてより大きな視野とヴィジョンを持ち、2014年を過ごしていきたいと感じています。

ぜひ、まずはボディートークの世界観に体験会や説明会などを通して触れていただけたらと感じています。「合気道」ならぬ、ボディートークの「愛氣導」をぜひ体験・体感してください。
ボディートーク説明会・体験会情報はこちら

---

Facebookでも同様の内容を一足先にシェアしています。
www.facebook.com/shohei.kuramoto

プライベートセッションルーム ReTreat ウェブサイト
retreat-bt.com

日々のノート comments(0) trackbacks(0)
なぜの時代
サイモン シネック
「優れたリーダーはどうやって行動を促すか」を見ての感想

---

「何を行うのか」でもなく、
「どうやって行うのか」でもなく、

「なぜ行うのか」。

これがやはり一番パワフルな人を動かす動機になるのだなと改めて思います。

「なぜ」は大脳皮質ではなく、感情との繋がりのある大脳辺縁系に働きかける概念であると動画では言っていました。論理は行動においてあくまでも感情を補完するものである、とも。

「なぜ」を提示するとはつまりヴィジョンを示すことでもあるのだと感じます。

これからの社会にどんなヴィジョンを描き、それを基にどう行動してくのか。
これから増々一人一人に求められる時代になるのかもしれません。

Don’t think. feel & do!

日々のノート comments(0) trackbacks(0)
21世紀の英会話
多分というか、間違いなくファンなのですが、高城さんの本は今までに何冊買ったか分かりません。

今回は21世紀の英語学習をテーマにした書籍。

このような情報はネットで手に入れようと思えば、手に入れることができるのだとは思いますが、お金を払ってでも読みたいその理由はやはり著者の独自の視点を通した信頼性のある情報に価値を感じる、ということなんだと思います。

日々必要性を感じながらもつい後回しになってしまいがちな英語の学習、ですがインターネットの時代ならではの学習方を実践してみよう!と本を読んで思えました。日本人ならではの英語に対するコンプレックスがなぜあるのかも何となく理解できましたし、自分自身かなり強烈にあるように感じます^^;

とりあえず来年、短期でもいいから語学留学をしよう!を目標にまずはオンラインで学習してみようと思います☆

日々のノート comments(0) trackbacks(0)
プロの講師になるとは!?
先週の土曜日になりますが、札幌で初の開催となる「プロ講師認定講座」というセミナーに参加してきました。

これから約3ヶ月の間、月に2回のペースでプロの講師となっていくための様々な知識やノウハウを学んでいきます。

まだセミナーの全貌がどんなものか分かりませんが、楽しんで参加したいと思ってます。

この講座を通し、改めて自分がなぜボディートークを受けるだけでなく、施術士として活動しているのか?

その、そもそもの核となる動機や想いは何なのかを見つめ直したいと思います。

今後説明会や体験会を精力的に開いていく上でも大切なステップだなと感じます。

日々のノート comments(0) trackbacks(0)
もっと素直に、もっと自由に、もっとありのままに


もっとディープに、もっとシンプルに、もっと笑える

-----

遡ること5年前、見習いとして当時お世話になっていたデザイン事務所の社長さんとご飯を食べているときに、「知り合いに面白いブログ書いてるのがいるんだけど・・」と教えてもらったのがこの本の著者さんが書いている同名のブログでした。

その当時はブログを読んでみて「へぇー、こんな考え方もあるんだー」くらいにしか思っていなかったのが、まさかその1年後自分も同じような体験をすることになろうとは、そのときは夢にも思っていませんでした。

今なら分かる情報の数々。今作もとても楽しく興味深く読ませていただきました。ありがとうございます、ささやかながら応援しています。

そしてこういった情報を発信したくなる日が来るとも夢にも思ってませんでした☆
日々のノート comments(0) trackbacks(0)
| 1/12 | >>